結婚をしなければ孤独死をしてしまう可能性が高まる

結婚をしなければ、将来的に孤独死をしてしまう可能性が出てきます。
ずっと独身のままいると、家族もいつかはいなくなりますし、友達もそのうちいなくなってしまいます。
年齢が上がるにつれて孤独になっていってしまうので、結婚はできればしておくのが望ましいでしょう。
様々な生き方が許される社会が理想ですが、まだ日本はそこまで成熟はしていません。
パートナーを見つけて、さらには子どもを作らなければ、幸せな老後は作れないのが実情です。
ただ、パートナーを見つけることが難しい場合も多いです。
特に、非正規雇用で働いている人たちは、なかなかパートナーを見つけられずにいます。
収入格差を少なくするなどの工夫をしなければ、孤独死の問題は解決しないのではないでしょうか。
社会全体でこの問題については考えて行かなければなりませんね。
少子化の問題ともリンクしていますから、今後真剣に考えていく必要があります。
必要なら、法律の整備もしなければいけないでしょう。

実績豊富な京都の結婚相談所スタッフ
ヒアリングからクロージングまできちんとこなします。

成婚実績が豊富な生涯の伴侶を仲介するサービス
新規登録者の2組に1組以上がご成婚という高い実績があります。

フォトウェディング 大阪
手ぶらでOK!メイクからレンタル衣装まで全てこちらでご用意

結婚式の招待状の書き方、マナーが知りたい

大切な友人や親族の結婚式に参加することは、とても嬉しいものですが招待状をもらった際にどう返信すればい

サンプルイメージ2

結婚をすることの具体的なメリットとは

結婚をすることのメリットとは、具体的にどんなものがあるのでしょうか。
まず第一に、寂しくなくな

Copyright© 結婚 All Rights Reserved.